Vol. 41 ~アメリカはまた言うか!~

コラム

【参考サイト】https://web.smartnews.com/articles/hwqkLhncxhW

 

 僕のトルコ人の友人の妻はクルド人です。

 

 そして、マスコミで流されている以上にエルドアン大統領を嫌いだし、彼の多くの政策を間違っていると思っています。

 

 思想や学問の一部も統制されていて(Wikipediaが使えないなど)、国民の不満は募るばかりです。

 

 そんなときに、再び「トルコの呪縛」が動き出してしまいました。「1923年から2023年へ」という書籍を書きたいくらい、歴史的な呪縛とエルドアンのもくろみが渦巻く今、心配するのは、再びトルコがテロに怯えることになるという事実。

 

 どうして、そこまで、民族・宗教&宗派・資源というアイテムは人々を発狂させてしまうのか…やはり、日本人には理解しがたい。歴史を学ぶ必要を感じるとき…それが今かもしれません。

 

 たぶん、そのうち、朝のワイドショーで解説が行われるでしょうが、それは、「台風」「ラグビー」「先生同士のイジメ」の次の話題に過ぎないことが残念です(;_;)

 

 

PAGE TOP ↑